温泉パラダイス

日本は火山大国、地震大国です。たくさんの被害も被ってきましたが、その代わりに温泉パラダイスでもあるのです。日本全国津々浦々、温泉のない県はありません。日本に点在する温泉の数は大小含めて50000以上といわれています。一番多く温泉を保有している県は長野県で5500以上です。これはダントツの数で、その後新潟県、北海道、福島県、群馬県と続きます。一番温泉の数が少ない県は沖縄県です。日本の温泉の中には世界一の温泉もあるのです。それが別府温泉です。別府温泉は源泉数世界一です。ついで由布院温泉が日本で源泉数の多い温泉なのですが、これまた世界第二位の源泉数なのです。これらの温泉は湧出量も突出してます。別府温泉は日本一の湧出量を誇り、毎分95リットル以上の温泉を湧出しています。これは世界第二位の湧出量です。由布院温泉も日本では第二位の湧出量です。大分県、恐るべしです。温泉はところ構わず湧きだしています。日本一高い所にある温泉はというと、富山県のみくりが池温泉です。この温泉は標高2430メートルのところにあります。石畳で整備はされているものの自動車は入れない道を徒歩で登っていかなくてはなりません。逆に一番低いところというか、一番地中深くにある温泉が青森県の六ヶ所温泉です。もちろん私たちが地中に潜るわけではありません。切削深度は2714メートルだそうです。標高差5000メートル以上なんて、ちょっと想像を絶します。泉質ももちろん様々です。日本で一番酸性度が強い温泉は、秋田県の玉川温泉です。pH1.05と極めて酸性度が高く、遊離塩酸を多く含んでます。放射能も含む温泉なので、玉川温泉はほかの温泉には見られない「温泉皮膚炎」を引き起こすことがあります。逆に日本で一番アルカリ性度が高い温泉は埼玉県の都幾川温泉です。pH11.3という強アルカリ泉で、美肌の湯として名高いです。温泉自体が化粧水のようなものですから、ぜひ一度味わってみたいものです。日本で一番ラジウムの含有量が多い温泉は岐阜県の湯之島ラジウム鉱泉保養所ローソク温泉です。ここは館長が薬剤師で、入湯においてもきちんと説明書が手渡されます。日本一の放射能泉ですから、やはりそれなりの注意も必要なのですね。古代からこういった温泉ランキングは人気だったようです。日本三大名湯は群馬県の草津温泉、兵庫県の有馬温泉、岐阜県の下呂温泉といった具合です。有名処は制覇したいなと思ってます。

アットホーム 新御徒町 賃貸
賃貸のことなら

三田市 ホテル』のことを知りたいならこちらをチェック
http://www.7stonescafe.com/hotel/hyogo/sandashi/

ポータルサイトで栃木の賃貸マンションについてを見ました。